お客様の声

お客様からの感謝のお声

商品は問題なく届いております。
同じ作業服の色違いを着ておりましたが、生地がダメになり穴だらけになったので購入しました。
既に裾詰めして着ています。
以前は近くのホームセンターに売っていましたが今はなくなり ネットで見つけ他店より安かったので購入しました。
又ダメになった時 同じ物がそれまであるかわかりませんが 頼む事になるかもしれません。

いよいよ発売決定か?ミズノ(MIZUNO)安全靴

 
ミズノ安全靴販売開始しました。ご注文はこちらからどうぞ

作業服・作業着の品揃えと最安値の日本一に挑戦中!!

工業地帯・石油化学コンビナートで働く男を応援するサイト「プラント職人.com」です。

いよいよ発売決定か?ミズノ(MIZUNO)安全靴

mizuno-mark

以前一度当ブログでも書かせていただいた、国内大手スポーツメーカーのミズノさんから安全靴が発売になるかもという件ですが、どうやら2016年4月頃に発売になるという情報が入ってきました。

価格は9800円くらいになるのではないかということです。

色はアシックス安全靴でも人気の高い 赤/シルバー 青/シルバー 黒/シルバー 白/赤 以上が紐タイプ

黒/オレンジ 黒/黒 赤/シルバー 以上がマジックテープタイプ

以上の7アイテムが初回に発売になる予定みたいです。

国内スポーツメーカーではアシックスさんに並ぶトップメーカーのミズノさんですから、やはり長年のスポーツ科学を多く取り入れた履き心地と、機能性を高いレベルで実現をした高機能安全靴を発売してくるのだと予想できますね。

僕的には学生時代はミズノさんのスパイクを長年履いていたので、今回の安全靴にはかなり期待をしています。

ここ最近の安全靴業界ではアシックスさんに始まり、ディアドラ、ロット、プーマ、などスポーツ業界の大手が参入してきています。

やはりスポーツ業界の巨人たちが作るものですから、やはりスポーツ科学を駆使した素晴らしい安全靴が次々と発売になっています。

この安全靴を履くことにより、職人さんたちが今までよりもさらに安全、快適に作業をすることができることが嬉しく思います。

ミズノ安全靴にもかなり期待したいと思います。

 

ミズノ安全靴以外にもたくさん品揃えしています。安全靴のご注文はこちらからどうぞ

以上、 いよいよ発売決定か?ミズノ(MIZUNO)安全靴 でした。

お客様からの感謝のお声

お世話になります。
今夜品物が届きました。
カラーが少し不安でしたが、イメージ以上に良くて気に入りました。
刺繍の方もバッチリでした。
また利用すると思いますので、その時は宜しくお願いします。

お客様からの感謝のお声

高岡様

本日手袋が届きました。交換していただいただけで充分でしたのに、かえってすみませんでした。

防寒もすごいし 皮も上等な手袋で仕事に使うのがもったいないと 主人が言っております

大切に使わせていただきます

また、注文させていただくときはよろしくお願いいたします

ありがとうございました

お客様からの感謝のお声

はじめまして

商品が届いた次の日にさっそく
着て行きました…!

みんなにかっこいいと
言われて大満足です
通販だったので不安がありましたが
その不安を一瞬で消すくらいの
商品でした!!!
刺繍もとても素敵でした
ありがとうございました
次もまた頼みたいです
その時はまたよろしくお願いします

2016年の空調服を勝手に予想。タジマや日立から発売されたら面白いですね。

作業服・作業着の品揃えと最安値の日本一に挑戦中!!

工業地帯・石油化学コンビナートで働く男を応援するサイト「プラント職人.com」です。

空調服について考えてみる2015~2016

今日は年々人気が高まっている空調服について僕なりの考えを書いてみたいと思います。

空調服は僕が記憶しているのは10年くらい前にサンエスという作業服のメーカーさんが最初に発売をしたファン(扇風機のようなもの)付の作業服ですね。

ku91400
RD9410

これは当時はかなり画期的で確かワールドビジネスサテライにも特集をされていたのだと思います(間違っていたらごめんなさい)

作業服の背中の部分にファンを装着し、作業服の内部に風を送り服内の汗などの水分を気化させ、その時の気化熱により温度を下げるという原理で夏の酷暑の時でも快適に作業が出来るという今も当時もかなり画期的な商品でした。

発売当時はバッテリー式ではなく電池式(確か単3乾電池だった)のでかなりすぐに電池切れし、毎日のランニングコストが大変だったが、今は充電式のバッテリーが発売されているためかなりコスト面でも改善されています。

そのサンエスの空調服にライバルが出現。

その名も マキタ ファンジャケット

makita

背中の部分にファンを装着し、作業服内に風をおくり気化熱を利用して温度を下げるという基本的な原理は一緒。

ただ、さすがは世界のマキタ。ここはサンエスさんの物と一線を画す商品になっています。

それはバッテリーがマキタのインパクトやサンダーなどの14.4Vと18Vの物がそのまま使えるという汎用性の高さ。

国内のインパクトのシェアはマキタが第一位のことを考えると、かなり多くの職人さんがマキタのバッテリーや充電器はすでに持っています。ですので、服とファンのセットとアダプターを購入するだけで使えてしまうというマキタユーザーにとってはかなり使い勝手の良い商品になっています。

2015年春に発売を開始したが、マキタサイドの予想をはるかに上回る人気で夏になる6月には完売をしてしまったという人気ぶりでした。

2016年版は2015年モデルよりも改良などを加えてくるという噂もあり、この商品は来年も今年以上に人気が出るでしょうね。

さて、こうなってくると国内の工具のメーカーからさらに追随をしてくるメーカーが現れそうな気がします。

コンベックスで国内販売シェアNO.1のタジマや電動工具の日立から発売になるといったことも考えられるのではないでしょうか。

特にタジマは年々作業服販売店で人気が高い商品の開発に力を入れてきているので、この空調服にも触手が伸びるのではないかと期待をしています。

現にタジマのフルハーネス安全帯を発売をしたときに、同時に作業服の販売を開始をしています。

tajima-hanesu

これは今後タジマ印の作業服を販売していく布石なのかもしれませんね。

LEDヘッドライトなどではすでに充電式のバッテリーも開発済なので、もしも空調服を発売することになってもバッテリーはこのLED用のものを流用すれば良いかもしれません。

タジマは今年発売をしたフルハーネスでも独自の構造によりY型ハーネスの進化版を開発しました。こういった新たな発想ができるメーカーさんなので、もしも空調服を発売をするとしたらさらに画期的な機能を付けてくるかもしれません。

さて、来年の夏には一体どのような空調服が発売になっているか楽しみですね。

 

 

サンエスやマキタの空調服のご注文はこちらからどうぞ

以上、 2016年の空調服を勝手に予想。タジマや日立から発売されたら面白いですね。 でした。

最新記事
カテゴリー
アーカイブ
ブログ内検索

TOPへ戻る